なにか書きたい。

自由に生きる30歳が思いのままになにか書きます。

今度は精神的潔癖症を卒業したい。

 

思えば2017年はじめ…

あのときから私のネガティブ卒業大作戦がはじまった。

 

物事をネガティブに考えれば考えるほど、ネガティブな結果を招いてしまうという構図は、決して精神論などではないんだと知り、また(確かにそうだな、その通りになってるな、、)という前例を自分がいくつも作り出していて、そんな状況からはいい加減抜け出したいと思ったからだった。

 

もうほんとに、本気だった。

早急にネガティブ思考をやめたくて毎日メラメラしていた。

 

あれから2年が経って、もう今の自分をうじうじ責めなくなったし、将来を案じてクヨクヨすることもなくなった。すっごく楽!あー楽!憑き物がとれたみたい!!✨

 

でも、どうしても振り払えないものがまだたくさんある。

例えば、

 

・ずるい考えは許せない
・あわよくば精神だいっきらい
・人の気持ちを考えない人ほんとやだ
・道ですれ違うだけだからといって「なにか?」みたいな態度やだ見るのもやだ
・誰も見てなければ何をしてもいいみたいな、想像力も自分を美しく保とうという心も持っていないような人もやだ!すごいやだ!!💢

 

思いつく通りに書いたらすごい暴言みたいになってるけれども…笑

 

・何より、自分が精神的潔癖症なおかげで「それやだこれやだ」と思ってるだけなのに、他人に対しても「それおかしいやろ」と価値観をおしつけるというか、そういう自分が一番やだ、こんなやつと一緒にいると息詰まるわムリムリムリっ

 

です。😭

 

 

 

 

最近は弟に対してもなんだかモヤモヤしていた。

 

「自分」ばっかりじゃん?誰のことも結局は興味ないじゃん?

それなのに自分のことは興味持ってほしいってなに、知らんよ、、

 

その弟に対しても母はいつもの「オッケーオッケーすべてオッケー!✨」「すごいねすごいね✨」みたいな反応。正直マジでモヤモヤしていた。

 

昔からそうだ。どんなに理不尽な態度を私が弟からとられていても、「男の子はあんまり言うとしょうもない男になってしまう…だからどうか耐えてくれないか…」。

 

おかげで立派な男らしい男になっているとは思うけど。

自分の息子もできる限りそう育てたいけど。。笑

 

精神的潔癖症は、自分の感情に対しても厳しい。

こんなふうに弟にモヤモヤする自分に何よりモヤモヤしてしまう。

自己嫌悪感が拭えない。2年前と同じような暗さと重さで心が覆われてしまう。

 

でもほんとは…

 

モヤモヤしてもいい。(っはぁ〜〜〜!??)て思ってもいい。はず。

今の自分のありのままの感情を一番大事にしてあげていいはず。

 

嫌な自分でもいいはず。

今を生きてさえいればいいはず。

 

私だって、そういう人が好きだ。

自然な感情そのままに、喜怒哀楽をまっすぐに表現する人が好きだ。

 

 

 

 

最近はネガティブな自分はだいぶ気にならなくなってきた。

たまにネガティブでもすぐに切り替えられるし、「えー、あなためちゃくちゃ最高な人なのに…?」という人がネガティブだったりすると「「なにそれ、大好き!!」」ってなるくらいネガティブもなかなかの魅力だな、などと思ったりする。  

 

今度は精神的潔癖症をなんとかしたい。

 

人はみんな完璧なんだよ、みんな思い思いに自分を生きてるんだよ、私ももっと自分を生きてよ、まわりを気にする間もないくらい自分を生きてよ、、

 

もっと大らかな、もっと包容力のある、

柔らかであたたかな自分に、早くなりたい。今!なりたいな〜。

 

 

*